認定NPO法人「カタリバ」


中高生の「教育」を軸に事業を展開しているNPO法人「カタリバ」は、これまで様々な取り組みで様々な子ども達を支援し、子ども達の「チャレンジする機会」を創出している団体です。中学生・高校生などの思春期世代に対して「学びの意欲」を引き出し、主体性を育むことで、若者の参画機会の創出を目指しています。

団体について

NPO法人「カタリバ」は、子ども達の教育支援を中心に、あらゆる環境の子ども達が「未来は創り出せる」と信じることができる社会を目指した取り組みをしている団体です。

教育NPOとして2001年に設立以降、「ナナメの人間関係」と「本音の対話」を軸に、様々な事業を展開しています。

代表紹介

NPO法人「カタリバ」の代表理事である今村久美氏は、慶應義塾大学を卒業後、2001年に高校生を対象としたキャリア学習プログラム「カタリ場」をスタートさせ、教育NPOとして歩み出しました。教育の機会や環境が不平等であることを疑問に感じたことから始まった活動は、今では18万人を超える生徒を抱える程になり、その地域も北海道から沖縄まで、国内全土に届く勢いです。

今村氏は教育NPOである「カタリバ」での活動が認められ、2015年からは文部科学省中央教育審議会・教育課程企画特別部会委員や東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会・文化・教育委員会に名を連ねるなど、活躍の幅を広げています。

具体的な活動内容

団体名でもあり「カタリバ」の基礎となる「カタリ場」は、進路に悩む高校生を対象とした活動です。大学生などのボランティアと対話する中で将来をリアルに考え、遺志ある進路決定を目指す活動です。首都圏からスタートした「カタリ場」は全国各地からの強い要望により、これまで32都道府県で実施。約22万人の高校生の背中を押してきました。

また、2011年にスタートした「コラボ・スクール」では、震災により勉強する機会を奪われた子ども達へ学習の機会を提供しています。東北で起きた東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県女川町・岩手県大槌町の2か所で小・中・高の児童生徒を対象に学習指導やメンタルケアを始めました。その活動を基に、2016年の熊本地震で被害の大きかった益城町で「コラボ・スクール」として放課後学習や夜間学習会に取り組んだ他、2017年には福島県でプロジェクト型学習の支援を行うなど、より複合的な活動が取り組まれています。

この他にも、秘密基地をコンセプトにした中高生向け公共施設「b-lob」の運営や高校生の課題解決型学習プログラム「マイプロジェクト」、地方における町づくりに教育の面からアプローチする「おんせんキャンパス」、子どもの貧困対策として東京都足立区から事業を受託した「アダチベース」など、様々な環境の子ども達を支援しています。

NPO法人「カタリバ」は、子ども達の学習をサポートするだけでなく、震災により教育の機会が奪われてしまった子ども達や、生まれ育った環境に左右される不安定な教育環境の子ども達に対して教育の場を提供している団体です。思春期の子ども達に「学び」と「居場所」を与える活動が未来を創ることに繋がっていくのでしょう。